大切なペットとの別れ

墓

家族の一員として弔う

飼い主とペットとの絆が深まるようになった現代社会では、きちんと弔ってあげることでお別れをしたいと考える人が増えています。ペット火葬を専門に行う葬儀会社も珍しい存在ではなくなってきました。ペットを失ったことで、うつ状態や不眠症などのペットロスを経験する飼い主がいますが、事実を受け入れて前に進むためにもペット火葬を行うことには意義があるのです。ペット火葬を希望する場合は、まずは葬儀会社に問い合わせをすることから始めます。すぐにペット火葬を行うためには、24時間体制で全国対応の業者を選んでおくと便利です。追加料金を徴収しないところなら、なおいいでしょう。火葬の方法についてですが、設備の整った火葬場で行う施設火葬と、葬儀会社から派遣された火葬炉を内蔵した車の中で行う移動火葬などがあります。前者は近隣への配慮も充分ですし、大型犬でも問題なく火葬できるのが強みです。後者も近所の住人に迷惑がかからない場所に移動して火葬してくれるので、迷惑は掛かりません。移動できる長所を活かして、ペットとの思い出の場所で火葬できます。どの方法でペット火葬をするのか、よく考えてから決めましょう。最良の形でペットを弔うために、様々なことを業者と決定します。具体的には、他のペットと合同で火葬するか、ペット火葬の時に飼い主が立ち会うか、遺体を預けて一任するかなどです。霊園に埋葬したり、ペット供養をしたい場合は、遺骨を返還してくれるところに依頼しましょう。